後輩の教育でストレスをためないためには

ストレスをためない方法

後輩の教育は一筋縄ではいきません。思うようにいかず、ストレスもたまります。そのため、なるべくストレスをためないようにしながら教育していくことが大切です。以下に、ストレスをためないコツを紹介していきます。

ストレスをためない方法
Pocket

常識が通用しないこともある

常識が通用しないこともある 自分にとっての常識が、後輩には通用しないこともあります。業務に関することであれば、知識や技術がなくて分からないだけだと思えますが、一般常識と呼ばれる社会人としてのマナーなどの部分で教育が必要になってくると、より大変になります。例えば、他部署の人に挨拶をしない後輩がいたとして、常識的に考えればありえないことですが、後輩からしたら「他部署の人にも挨拶が必要だとは知らなかったし、教わっていない」と考えているかもしれません。このようなときに、常識なのだからと叱りつけてはいけません。「そういう考えを持っている人なんだな」と割り切って指導するようにしましょう。こちらがイライラすることにメリットはありません。

態度が悪い後輩に対して

態度が悪い後輩に対して 注意をしたり、叱ったときにあきらかに態度が悪かったり不貞腐れたような反応をする後輩もいます。イラっときますが、いちいち反応しているとこちらがストレスに押しつぶされてしまいます。常識的に考えて、こちらが正しく指導しているにもかかわらず態度が悪いというのは、後輩側が100%悪いです。もしそのような非常識な反応をされたら、「本当にこんな反応をする人もいるのだな」と冷静に受け流しましょう。なぜそんな態度をとるのか、などと考えても仕方ありません。これも、この人はこういう人なんだなと割り切って考えましょう。

後輩は「攻略対象」

後輩は「攻略対象」 同じミスを繰り返されると、「こちらの言っていることが本当に伝わっているのだろうか」と心配になります。こちらの言っていることを無視されているのかもしれないと不安になりますが、もしかすると単純にやり方が分からないだけかもしれません。前の言い方じゃ上手く伝わらなかったのだと考え、違う説明の仕方を試してみるなど工夫してみましょう。ゲームのように「攻略対象」として捉えることができると、イライラすることも少なくなります。

早めに相談

早めに相談 ストレスというのは一時的なものではなく、徐々にたまっていくものです。そして気付けば修正できないところまで積みあがっている危険性もあるので、もし後輩の教育が上手くいかなくてモヤモヤしているのであれば、早めに同僚や先輩に相談をするなどして対策をしておきましょう。ストレスがたまったままの状態で後輩を指導すると、段々と雰囲気も悪くなり、教育どころではなくなってしまう可能性もあります。早めの相談、早めのストレス解消が大切です。

後輩教育のヒントを紹介

当サイトでは、後輩の教育に悩む看護師の方へ向けて、教育の難しさやコツを紹介しています。当サイトの情報を、後輩教育のヒントにしていただければ幸いです。※当サイトお問い合わせ先

コツを掴んで効果的に教育

自身の業務と並行して行う後輩教育は負担も大きく、心身ともにすり減る作業です。しかし、ちょっとしたコツを掴むことで効果的に教育を進めて、後輩の成長を促すことができます。当サイトではそのためのヒントとなる情報をまとめていますので、看護師の皆さんはぜひご活用ください。

Copyright © 2018 後輩教育に悩むあなたへ All Rights Reserved.