後輩を教育するにはコツがいる

教育のコツ

教育のコツ

後輩を教育していくにあたり、いくつかの知っておきたいコツがあります。まず、後輩を叱る機会というのは必ず訪れますので、その際に正しく指導できるような叱り方のコツを紹介します。そして、叱り方と同様に重要なのがほめ方です。なかなか後輩をほめる機会がなかったという人は、これを機に効果的なほめ方を知って後輩の成長を促しましょう。そして、後輩を指導する際にどうしても発生するストレスに対しては、できるだけためない方法を知っておきましょう。

  • 叱り方のポイント

    叱り方のポイント 後輩は分からないことも多く、必ずと言って良いほどミスをします。その際、先輩として叱ることも必要になりますが、指導経験がない人にとってはどのように叱れば良いのか分からないかと思います。そこで、後輩の叱り方のコツを紹介します。まず、絶対にやってはいけないのが、相手の人格を否定するような言葉を使うことです。そうではなく、なぜミスが発生したのかを後輩が考えられるように叱りましょう。そして、叱った後は必ずフォローを忘れないようにしましょう。

  • ほめ方のポイント

    ほめ方のポイント 後輩を叱るのと同様、ほめることも大切です。叱られてばかりでは後輩は委縮してしまい、本来の力を発揮することができずに成長が止まってしまいます。新人のうちはミスも多く、ほめるところが見当たらないと思うかもしれませんが、初歩的なことからでも良いので積極的にほめるように意識しましょう。また、後輩が第三者にほめられたときは一緒になって喜んであげてください。その他にも、後輩のいないところで後輩の良い評価を聞いたら、必ず本人に伝えてあげることが大切です。

  • ストレスをためない方法

    ストレスをためない方法 後輩への教育は困難の連続でストレスがたまります。しかし、ストレスをためこんだままだと後輩との関係性も悪くなり、指導どころではなくなってしまいます。ここでは、ストレスをためずに後輩を教育していくコツを紹介しています。常識が通用しない後輩や態度が悪い後輩に対しては、「そういう人なんだな」と割り切って接しましょう。また、後輩を「攻略対象」と捉え、工夫していくようにするとストレスはたまりにくいです。そして、早めに周りに相談することも大切です。

後輩教育のヒントを紹介

当サイトでは、後輩の教育に悩む看護師の方へ向けて、教育の難しさやコツを紹介しています。当サイトの情報を、後輩教育のヒントにしていただければ幸いです。※当サイトお問い合わせ先

コツを掴んで効果的に教育

自身の業務と並行して行う後輩教育は負担も大きく、心身ともにすり減る作業です。しかし、ちょっとしたコツを掴むことで効果的に教育を進めて、後輩の成長を促すことができます。当サイトではそのためのヒントとなる情報をまとめていますので、看護師の皆さんはぜひご活用ください。

Copyright © 2018 後輩教育に悩むあなたへ All Rights Reserved.